ハウスクリーニング店を開業する際にサポートを受けよう

ハウスクリーニング店を開業する際にサポートを受けよう

清掃員

フランチャイズへの申し込み方法

フランチャイズの加盟を申し込む時は、申し込みたい企業のネット上にある募集ページを探して行います。募集ページには、その企業が何処に店舗を出そうと考えているかという情報が提示されているので、自分が店を持ちたい地域の該当店舗を選び、問い合せましょう。フランチャイズの申し込みは、その時点で完了です。その後は、企業からフランチャイズや経営に関する説明を受けたり、相談をしたりして最終的に双方が合意すればフランチャイズ契約が成立します。

清掃道具

フランチャイズ契約で受けられる嬉しいサポート

自分で作った法人では、利益も損害も経営者が責任を負い、経営者と社員しか影響を受けないのに対し、フランチャイズ店ではその店の利益や損害は親企業の利益や損害です。そのためフランチャイズ店の経営者には、利益を伸ばしてもらうためにスーパーバイザーが付きます。スーパーバイザーは経営に関して的確なアドバイスや相談をしてくれるので、経営初心者も安心して上手に店舗運営が出来ます。また店員も、別店舗から経験豊富な社員が派遣されるので、新人の研修を任せられ、効率も良いです。

フランチャイズと直営店の違い

知らない人に店を任せる

フランチャイズとは、企業の社員でない人に店の経営を任せる形態の支店です。例えばハウスクリーニングの場合、開業したい人を外部から募集して、採用した人にハウスクリーニングのノウハウや経営方法を教え、後はその人にほとんど任せます。

まずは社員で支店を運営

それに対して直営店とは、社員のみで運営する支店です。ハウスクリーニングを例にすると、業績が良くそろそろ二店舗目を出したいという時に、とりあえず自社で運営して上手くいくか試すために直営店を出します。大抵、フランチャイズを開始する前に直営店で実績を積みます。

広告募集中