ファクタリングで効率よく資金調達をしよう

ファクタリングで効率よく資金調達をしよう

レディ

ファクタリングで必要となる費用

借金に金利が設定されていて、利息がつくのと同様に、ファクタリングにも手数料が存在します。その手数料はファクタリングの方法によって異なり、自社とファクタリング会社間のみでの契約の場合は約10%から30%であるのに対し、そこに取引先会社も交えた三社間の契約なら1%から5%の手数料がかかります。どちらにせよ、借金をするよりも少ない損失で売掛金を先取り出来るので、より気軽にサービスが利用でき、とても有用です。

メンズ

ファクタリングの手続き方法

二社間でのファクタリングは、手続きが比較的簡単に行われます。手続き自体は売上の債権の譲渡契約をファクタリング会社と結ぶだけで、その後はファクタリング会社側が手数料を差し引いた金額を渡して終了です。それに対して三社間でのファクタリングでは、取引先に債権譲渡の通知を送る必要があります。またファクタリング会社側のリスクを減らすために、ファクタリング会社はお金を債権の支払い前と支払い後に分けて分割払いすることもあります。

日本と海外で異なるファクタリングの認識

信用を代償にする日本

日本でのファクタリングの使われ方は、資金調達が主なので、ファクタリングを使用している会社は経営が上手くいっていないのかもしれないという疑惑を持たれてしまいます。そのためファクタリングの使用は信用を失う可能性のある行動です。

当たり前に使う海外

しかし海外ではファクタリングはもっと普及していて、更に使われ方も資金調達ではありません。海外では債権回収までの時間を待つよりも、早く現金を手に入れて運用した方が利益になると考えられているため、むしろファクタリングは奨励されている債権回収の方法です。

広告募集中